基本方針

未来提言委員会

常務理事 角 隆幸
委員長 朝長 明日香

総務広報室
総務委員会

室 長 西岡 寛明
委員長 岩川 芳明

総務広報室
広報委員会

室 長 西岡 寛明
委員長 境田 剛士

交流室
ビジネス交委員会

室 長 畠山 和大
委員長 山本 祐一郎

交流室
本会交流委員会

室 長 樫 百合子
委員長 古川 卓志

会員室
会員拡大親睦委員会

室 長  奥村 拓也
委員長 芳沢 千恵子

会員室
会員研修委員会

室 長 奥村 拓也
委員長 久山 敏人

地域室
地域活性委員会

室 長 田中 丈浩
委員長 富江 則之

特別事業室
ZKK準備委員会

室長 荒武 宗行
委員長 西川 毅

特別事業室
40周年準備委員会

室長 荒武 宗行
委員長 寺本 浩史

事務局

常務理事 角 隆幸
事務局長 吉村 健二

tomonaga-asuka.jpg

未来提言委員会

常務理事 角 隆幸
事務局長 朝長 明日香

 北大阪YEGはここ数年、実際の地域の課題、問題を北大阪商工会議所へ提言する為、提言に特化した委員会を設置してまいりました。いよいよ最終段階に入ろうとしている令和3年度はより具体性のある提言を創出するために、YEGメンバーの声に耳を傾け、本会との連携をより一層深めてまいります。未来を見据え、より良い故郷の創造をするべく業界業種の垣根のない未来提言活動を進めてまいります。

 まずは、提言の策定を行うにあたり、メンバーへの提言活動の周知・共有推進を行うことは必須のこととなります。本年度も引き続き、中期ビジョンの周知を新入会員オリエンテーションや担当例会などでおこなっていきます。過去に実施したアンケート結果から、40周年の際に行う提言に向けてのリサーチを深め、具体的に企画、立案し、今年度の提言を策定していきます。提言を策定するにあたり、委員会メンバーで提言のための勉強会を行い、他地域YEGの提言活動の情報収集や北大阪YEGならではの提言を策定するための情報整理をしていきます。日本YEG主催政策提言勉強会への参加も促進します。また、提言策定にあたってはメンバー自身の企業成長が地域の発展にも繋がる提言を策定するように計画していきます。また、北大阪YEGが未来を見据えよりよい故郷を創造するために、北大阪商工会議所の意向を踏まえ、北大阪管内三市行政とも協力体制をとって提言活動を行っていきます。担当例会では、提言への理解を深める事業をおこなうことでメンバーの提言活動への意欲を高めます。

 これらの取組を通じて、各メンバーの地域に対する課題発見を行い、自企業の発展、更に地域貢献することが自企業の強みとなり必要とされる企業に繋がることをめざし、メンバーと地域社会に貢献してまいります。

〔事業計画〕

1.40周年への提言に向けてのリサーチ・企画・立案および策定

2.提言活動の周知・共有推進

3.担当例会の企画および実施(8月)

4.日本YEG主催政策提言勉強会への積極的参加

5.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の推進および実施(5名)

6.枚方オクトーバーフェスト2021への参加

iwakawa-yosiaki.jpg

総務広報室
総務委員会

室 長 西岡 寛明
委員長 岩川 芳明

 全国有数のメンバー数を誇る北大阪YEG。その巨大な組織運営に欠かすことのできない総会を初めとする諸会議を円滑に、粛々と遂行することを総務委員会は担っていかなければなりません。温故知新の名の通り、諸先輩が築き上げてこられた手法を引き継ぐとともに、刻一刻と変化する時代のニーズに合わせ、新たな発想を加え、北大阪YEGの活動を支え続けていく必要があります。

 定時総会は北大阪YEGすべての活動に関係する重要事項を決定する最高意思決定機関です。総会ではYEGメンバーが組織の一員として権利を行使する大切な会議であることから、意義を知っていただき、ひとりでも多くの参加促進をめざし、総会開催に向け運営・設営を遅滞なく粛々と執りおこないます。また、理事会等諸会議においては、議案上程の規定に基づいた議案書の体裁精査、意見対応が明確な議事録作成・整理することで、会議運営を支障なくおこないます。さらに、本年度のアジェンダシステムは、会議資料を迅速に公開するために、システム機能を精査してより良い会議運営に繋いでいくよう取り組みます。そして、3月に担当する卒業式では、北大阪YEGに数々の歴史を創り上げてこられた先輩方に、現役メンバーから敬意とたくさんの「ありがとう」を伝えられる設えとし、思い出に残る最高の舞台にいたします。今後さらなるご活躍の後押しになるような、卒業式を華々しく開催することで、現役メンバーにとって先輩からの意思を引き継ぎ、更なる北大阪YEGの発展に尽力いたします。

 本年度取組みを通じて、委員会メンバーに当事者意識が芽生え、熱い議論を交わし、助け合いの精神・深い友情という絆を築くことで、人財を育みあい、今後の社業、並びにYEG活動の大いなる発展に繋げてまいります。

〔事業計画〕

1.定時総会・理事会等諸会議の運営

2.アジェンダシステムの管理および運営

3.円滑な会議運営のための議案書の体裁精査

4.理事セミナーの企画および実施

5.卒業式の企画および実施(3月)

6.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の推進および実施(5名)

7.枚方オクトーバーフェスト2021への参加

sakaida takeshi

総務広報室
広報委員会

室 長 西岡 寛明
委員長 境田 剛士

 魅力あふれる北大阪YEG。その輝きを内外に発信し、YEGが真に愉しめる組織であることを伝えてゆかなければなりません。その責を担う広報委員会は、進化を続けるネットワークを駆使し、最善の方法を模索し続け、多くの方に北大阪YEGを知ってもらい、興味を持ち共に活動してくれる青年経済人を増やすと共に、日々の活動を正確に記録し、青翔、部内報、SNS等を通じ我々の魅力を積極的に内外へ発信する必要があります。

 年間を通して、北大阪YEGの事業告知および事業内容を内外に届けるために、ホームページ・フェイスブック・青翔・部内報で迅速かつ効果的な情報発信をします。そして、YEG活動で手にする愉しさを内外に伝えるために、メンバーが事業に切磋琢磨して取り組む姿を、ホームページ・フェイスブックに臨場感のあるビジュアルと文章で発信していきます。さらに、令和4年度に創立40周年の節目を迎え、日本YEGが主催する第40回全国会長研修会の主管単会としての開催を控えています。その準備として各準備委員会・実行委員会と連携し、2大事業の周知と意識高揚を促すため、広報誌NORTH内の青翔において全国会長研修会を開催することで得られる価値を、北大阪商工会議所メンバーと共有します。また、会員企業を紹介しメンバー同士の親睦を深めると共に、会としての指針を伝えるために部内報を発刊します。なかでも、創立40年の重みと伝統を、350名を超える北大阪YEGメンバー全員で継承することを目的とした特集を組みます。加えて、11月例会をYEGの事業および自企業に活かす情報発信について学ぶ機会とします。

 北大阪YEGが真に愉しめる組織であるとメンバーに伝わることで、意識高揚した全メンバーが当事者として事業にかかわり、会員数が真の力として発揮されます。そして、地域に愉しさが伝わることで、北大阪YEGの魅力を知る人が増え循環型発展に寄与します。

 

〔事業計画〕

1.北大阪YEG活動の事業告知および事業内容の迅速かつ効果的な情報発信

2.ホームページの運営・検証・提案

3.青翔の企画および運営

4.部内報の企画および発行(1回)

5.担当例会の企画および実施(11月)

6.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の推進および実施(5名)

7.枚方オクトーバーフェスト2021への参加

yamamoto yuuichirou

交流室
ビジネス交流委員会

室 長 畠山 和大
委員長 山本 祐一郎

 ビジネス交流委員会は、メンバー全員が、北大阪YEGならではのスケールメリットを十分に活かしてそれぞれのビジネスにつなげ、ビジネスの側面でも互いに助けあえる関係を築きながら、地域経済の発展に資することができるように、また、各メンバーが“当事者”として積極的にYEG活動に参加できるように、メンバー同士が愉しみつつも深い絆を築けるような交流の場を提供してまいります。

 ビジネス交流とはビジネスパーソン同士の出会いの場、交流の場であります。青年経済人である我々にとって交流は必要不可欠であり北大阪YEGの魅力のひとつでもあります。

 ビジネス交流委員会では互いのビジネスを発展させるため、情報交換や交流を盛んに行い更に絆を深めるため委員会メンバー全員で事業を構築させ、一人ひとりがYEGメンバーである自覚をもって成し遂げてまいります。そのために全員参加型の愉しめる委員会活動を目指してまいります。5月度例会では目まぐるしく変化する時代において、逆境を跳ね返す力が高まるような講師をお招きし研鑽に努めてまいります。また、ビジネス交流委員会から北大阪YEGのビジネスを活性化させるために状況を鑑みながら合同委員会や合同懇親会を実施し、互いのビジネスをより深く知ってもらえるように大人の社会科見学のような企画を実施して参ります。11月には府青連会員大会、2月には志青会の積極的な参加を呼び掛けしてまいります。特に新入会員にとっても各地YEGとの交流は今後の活躍の良い経験になるよう努めてまいります。

 まずはメンバーが楽しんで事業に参加、運営し、1年間を通して本気で愉しむことで更に北大阪YEGを好きになってもらう。チャレンジし達成する喜びこそビジネスの原点であり、継続した交流こそビジネスの更なる可能性を見出す機会になります。

〔事業計画〕

 1.担当例会の企画および実施(5月)

 2.単会内でのビジネス交流事業の企画および実施

 3.府青連会員大会への参加・企画および実施(11月)担当例会(志青会)の参加・企画および   実施(2月)

 4.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の推進および実施(5名)

 5.枚方オクトーバーフェスト2021への参加

hurukawa-takashi-1.jpg

交流室
本会交流委員会

室 長 樫 百合子
委員長 古川 卓志

 北大阪商工会議所本会と青年部で8年以上継続して開催している組織活性化プロジェクトを通して濃密な意見交換を重ねることにより、次世代の事業に繋がる礎を築いてまいります。さらに本会職員との交流事業を開催することで北大阪商工会議所サービスの周知や職員とのコミュニケーションをとることにより北大阪商工会議所サービスの利用を促進し、自企業の発展につながることを目的とします。

 北大阪商工会議所が提供する様々なサービスを、YEGメンバーに周知することは、自企業の発展に寄与するだけではなく、サービス内容を地域に伝えて頂くことで、地域の発展は当然のことながら、北大阪商工会議所の会員企業の拡大につながります。そのための環境整備として、まず、YEGメンバーが北大阪商工会議所職員と広く面識を持ち、気軽に相談できる関係構築を目的とした交流事業を実施致します。次に、SNS等を用いて本会サービスをYEGメンバーに継続的に発信してまいります。定期的に開催する組織活性化プロジェクトでは、これまでの伝統を継承し、地域活性化に繋がる有意義な意見交換がなされる双方向コミュニケーションを実現する場とするために、YEGメンバーの意見を積極的に採用してまいります。7月度例会では、北大阪YEGのスケールメリットを最大限に発揮し、青年経済人としての資質向上、経験の浅いYEGメンバーに対する北大阪YEGの魅力発信の場となるように致します。また、北大阪商工会議所会員企業で構成される部会との合同例会であることを踏まえ、魅力的なコンテンツを企画し、対外に恥じることない運営を実施致します。

 これらの活動を通じて、北大阪商工会議所の事業活動や地域社会に貢献し、自企業の発展に繋げます。また北大阪商工会議所職員、メンバー同士の交流を深めることで、組織が活性化するよう邁進してまいります。

 

 

 

〔事業計画〕 

1.商工会議所組織活性化プロジェクトの共同開催

2.担当例会の企画および実施(7月)

3.本会職員との交流事業の企画および実施

4.メンバーへの北大阪商工会議所サービスの利用促進の実施

5.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の推進および実施(5名)

6.枚方オクトーバーフェスト2021への参加

yoshizawa-chieko.jpg

会員室
会員拡大親睦委員会

室 長 奥村 拓也
委員長 芳沢 千恵子

 メンバー数の増加は事業活動の基盤を拡げる効果があり、より良い事業が実施される可能性を秘めています。その実現を図るためには、メンバー間の信頼関係を構築する基礎となる親睦活動が非常に大切です。会員拡大親睦委員会においては、今後のYEGの活動を愉しく有意義なものにしていくために事業や委員会活動を通じ、メンバー間同士の親睦、しいては信頼関係を深められるようメンバーのサポートをおこなっていきます。

 YEGの魅力ある活動を発展、継続していくには、さらなる会員拡大が必要となります。メンバーがYEG活動をすることで有益であることを発見し学びを重ねて愉しさを知り、気兼ねなく事業に参加できるようになれば、YEGの魅力を周知することになり会員拡大に貢献します。そこで私たち委員会が会員拡大の手本になり、他委員会でも積極的にYEGを推進し入会を促せるよう魅力を伝える活動をします。そのことで、活動に参加する機会の少ないメンバーにも魅力が浸透し、YEGを改めて知り愉しんでもらえるきっかけとなります。そのためにも活動を通じて、個々の環境に配慮しながら細やかなフォローをおこないます。さらに新入会員を会員拡大親睦委員に受け入れ、コミュニケーションをとりやすくし、YEG活動で個人と自企業の発展に繋がるようサポートします。親睦旅行ではメンバーが参加しやすく今期の始まりに相応しい旅行にし、委員会の垣根を超えて楽しめる内容にします。クリスマス例会では、メンバー同士はもちろん、ご家族の方などにも参加して愉しんでもらるように設え、感謝の気持ちを伝える機会になる企画をおこないます。例会をきっかけにこれからのYEG活動にも積極的に参加できるような事業にします。

 会員拡大することで人脈が拡がり親睦が深まればお互いのビジネスチャンスに、そして人と関わることで自らYEGを愉しくデザインしていくきっかけになり、将来の北大阪YEGの強みとなり組織力アップに繋がるべく委員会運営をおこないます。

 

〔事業計画〕

1.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の企画・推進および実施(全体目標60名)

2.親睦旅行の企画および実施(4月)

3.担当例会(クリスマス例会)の企画および実施(12月)

4.枚方オクトーバーフェスト2021への参加

kuyama-hayato.jpg

会員室
会員研修委員会

室 長 奥村 拓也
委員長 久山 敏人

 会員研修委員会では、北大阪YEGメンバー自らが当事者たる意識を持って自己研鑽が図られ、YEGメンバー各々の自企業のさらなる成長発展や地域社会の貢献に繋がるような、そんな魅力溢れる研修事業の企画・実施が求められております。また、新入会員のメンバーがよりスムーズに北大阪YEG活動を行えるようにするため、そのスタートアップのフォローの実施をすることも目的としております。 

 会員研修委員会では、YEG活動を通じて、北大阪YEGメンバーがお互いのことに、より深く関心をもち、協力したいと思えるための土台づくりとなる事業を企画いたします。自己成長、自企業の繁栄と、北大阪の地域を支える青年経済人として、今後様々な分野で活躍できるように、委員会メンバー全員で、北大阪YEG全体のスキルアップをデザインしてまいります。6月度例会におきましては、「コミュニケーション」を通じて、お互いのことをより深く知ると同時に、自身についての新たな発見と、会社組織や北大阪YEG活動にも役に立つ学びの機会を、提供してまいります。本年度2回実施します新入会員オリエンテーションでは、例年実施してきた内容を委員会でしっかりと精査し、アップグレードいたします。また、新たな試みとして、新入会員のスポンサーや新入会員と関係性のある既存メンバーにも積極的に参加していただけるように、委員会メンバーで働きかけます。新入会員とともに学び、交流することで、新入会員が少しでも早く北大阪YEGを理解し、スムーズにYEG活動に参加できるサポート体制を構築してまいります。

 これらの取り組みを通じて、自身の成長をしっかりと感じ取り、北大阪YEGに加入した目的を少しでも早く達成できるように、北大阪YEGメンバー同士が寄り添い、支え合える素晴らしい組織になる機会を委員会メンバー全員でしっかりと創ってまいります。

〔事業計画〕

1.担当例会の企画および実施(6月)

2.新入会員オリエンテーションの企画および実施(2回)

3.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の推進および実施(5名)

4.枚方オクトーバーフェスト2021への参加

tomie noriyuki

地域室
地域活性委員会

室 長 田中 丈浩
委員長 富江 則之

 地域の活性化を図る為には、北大阪管内三市と協力しまちの活性化、人で賑わうまちづくりなど活力ある人々が必要であり、人材雇用や人材育成などの観点からも地域活性に貢献できます。地域社会の活性化が進むと言うことは、経済人の増加にも繋がり北大阪YEGの更なる発展の一助にもなります。北大阪地域とかかわりあるYEGメンバーとして地域経済、地域社会の活性化の一翼を担うことを目的とします。

 全国的な人口減少に伴い、地域の課題として事業所数及び小規模事業者の減少があり、事業継続や地域商業活性化など、まちの活気が必要であると考えます。地域活性委員会は、枚方市・寝屋川市・交野市のそれぞれと意見交換の場を設け、行政とYEGメンバーが繋がる貴重な場として捉え、積極的に地域のイベントの企画にも関わっていきます。この活動は北大阪商工会議所の掲げる「にぎわいのあるまちづくり」の一端を担うことを目的とします。そして令和4年度に行われる、創立40周年と全国会長研修会を迎える北大阪YEGが、北大阪管内三市とスムーズな協力関係を築いていく為にも、委員会メンバーが当事者意識を持って、活動に取り組んでいきます。9月度例会では、三市と意見交換等の関わりから得た情報をもとに、北大阪地域の未来を創造する例会を開催する為に委員会メンバーで一致団結して、愉しい例会をデザインして参ります。枚方市駅前大収穫祭の中核事業である枚方オクトーバーフェスト2021では、運営委員会と積極的に関わり愉しく連携していきたいと考えています。

 人は、愉しい所に集まります。積極的に関わることで仲間に出会い、誠実に関わることで絆が作られ、その信頼関係はビジネスにも発展します。その発展は地域の活性だけでなく、地域に関わる北大阪YEGの発展をさらに加速させていきます。

〔事業計画〕

1.担当例会の企画および実施(9月)

2.枚方オクトーバーフェスト2021運営委員会との連携および単会内周知活動

3.枚方市・寝屋川市・交野市での地域活性事業の企画および実施

4.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の推進および実施(5名)

5.枚方オクトーバーフェスト2021への参加

nisikawa tuyoshi

特別事業室
ZKK準備委員会

室 長 荒武 宗行
委員長 西川 毅

 北大阪YEGは全国で屈指の会員数を誇る単会となり、対外からも注目される存在となりました。未曾有の状況が日々起こる中で一致団結した単会力が必要とされ、令和4年度に開催される全国会長研修会(ZKK)の主管単会という立場に立ち、迎え入れる準備や周知活動を行います。北大阪YEGの真の力を発揮するため各組織との連携を深めながら進めていく事が特別事業室の役割と考えます。

 “北大阪YEG愛”この言葉を、350名を超える北大阪メンバーに伝える必要があり、令和4年度ZKKの地盤作りをすることが、重要になる一年と考えます。まずは、ZKK実行委員会と連携して夢と希望に溢れる気持ちの入った“単会スローガン”や“開催地テーマ”を決定します。そして、一人ひとりのメンバーが事業構築に主体的に愉しく参加することで、力強い結束が生まれ、令和4年に向け単会内で気持ちを高める周知活動を行います。また、10月の担当例会では、ZKKを主管する意義を北大阪YEGメンバーに伝えるため、実行委員会からの情報を発信しながら、過去の開催地の資料を参考にどのような効果と変化が生じたのかを学ぶ例会にします。そして、11月に茨城県土浦市で開催する第39回ZKKには多くのメンバーと参加し、令和4年度北大阪開催の初PRを盛大に行うことで、北大阪YEGメンバーに旋風を巻き起こし、さらに、令和4年2月の香川県高松市で開催される全国大会には、より多くのメンバーと参加し、日本YEGの主催する事業の価値観を体験するとともに、全国のYEGメンバーに向けPR活動を行います。

 日本YEG三大事業の一つである全国会長研修会を行う意義と魅力をメンバーと共に感じ、令和4年度ZKKを必ず成功させるために迎え入れるための基礎を整え、作りあげることが準備委員会としての役割と捉え1年間活動してまいります。

〔事業計画〕

1.令和4年度全国会長研修会実行委員会との連携および単会内周知活動

2.全国会長研修会開催準備および事業構築のための現状視察の企画および実施

3.担当例会の企画および実施(10月)

4.全国大会の参加・企画および実施(2月)

5.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の推進および実施(5名)

6.枚方オクトーバーフェスト2021への参加

teramoto hiroshi

特別事業室
40周年準備委員会

室 長 荒武 宗行
委員長 寺本 浩史

 本年度、特別事業室の役割として令和4年度におこなわれる2大事業の成功に向けて、実行委員会との連携を深めながら、準備をおこなってまいります。未曾有の状況が日々起こる中でYEGメンバー全員が一致団結し、令和4年度におこなう創立40周年の節目を迎えるために、中期ビジョンからの成果を認識し、さらなる未来への発展を見据えた行動をすることで、北大阪YEGの魅力が最大限引き出せると信じ、活動してまいります。

 40周年事業を迎えるにあたり、委員会メンバーと前回の周年事業を再考し、次の周年事業へとつなぐため検証や研究をおこないながら、単会の活性化を図りたいと考えています。そして準備委員会と実行委員会が連携して会場の決定を北大阪地域で5月までに選定します。事業内容についても精査し12月までに骨子を作成するとともに、中期ビジョンに基づき5年後の周年事業へとコアバリューを継続できるよう委員会活動に取り組みます。また、10月に京都府綾部市で開催される近畿ブロック大会には多くのメンバーと参加し、開催地の魅力に触れ、体感できるよう企画いたします。1月度新春例会では希望に満ち溢れた内容で来賓を迎え、令和4年の新たな幕開けにふさわしい例会とし、全メンバーの結束力を高めながら、YEGの独自の魅力を感じることができメンバーが自発的に参加することで、令和4年の周年事業へつなげるステップアップとして本番を迎える万全の準備とします。ニーズに合った設えを行い、今回の調査したデータが今後5年、10年後の周年事業へと繋がるように全身全霊で事業に取り組む所存であります。

 委員会ではメンバーが参加することで「気づき」ができるように委員会運営を進めていきます。入会歴の浅い会員が主役となれるような積極的な運営心がけます。参加するメンバーが“北大阪YEG愛”を皆が感じてもらえるよう尽力します。

〔事業計画〕

1.40周年実行委員会との連携および単会内周知活動

2.北大阪YEG中期ビジョンの検証および策定

3.近畿ブロック大会の参加・企画及び実施(10月)

4.担当例会(新春例会)の企画および実施(1月)

5.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の推進および実施(5名)

6.枚方オクトーバーフェスト2021への参加

yoshimura kenji

事務局

常務理事 角 隆幸
事務局長 吉村 健二

 事務局は、北大阪YEGの中期ビジョンに基づき、単年度制に依存しない「継続性連動性のある戦略的な組織体制づくり」に注力します。役割としては、組織基盤として効率的な組織運営を行うことで事業を司る委員長をサポートし、頼れる存在としての強い事務局を目標とします。また各委員会が事業に集中できる環境を安定して整えることで、活力を与える役割を担い、北大阪商工会議所の中核的な立場となる組織を目指します。

 主な活動は、事務局運営の遂行として組織基盤を整えます。まずはメンバーが個々及びチームの能力の発揮ができるように、昨年同様ニュードラフトシステムを活用した委員会配属および新入会員配属を実施します。また、組織全体の状況把握できるようYou Tube動画を活用した効率的なATセミナー、事業計画上程の流れを理解してもらう提案書セミナー及び各委員長が適切に会計処理を行えるように会計セミナーを開催します。そして、組織全体の方針、歴史、計画、業種毎に一目でメンバーが把握できる名簿の作成と、北大阪YEGの一員と誇りを持つための名刺を作成します。3月の納会においては、各メンバーが互いに愉しめる場だけでなく、年間活動を振り返ることで次年度への活力となるよう企画します。また、北大阪商工会議所事務局とは密に連携をとることで、組織基盤の中枢の一つである事務局を安定させ、財務運営においては、北大阪YEGの総予算を預かる中、全事業において適切な会計審査及び監査を行うことで、北大阪YEGの会費運営の信頼性に繋げ、ひいては会員の維持継続、新入会員増強を含めた対外的な評価に繋げていきます。

 事務局がバックボーンとして強い組織運営を行うことで、北大阪YEGを継続連動性のある安定した組織へとします。また各委員長へのサポートを行うことで、担当事業への集中を促し、活気に満ち「活力あふれ、行動する北大阪YEG」へと導きます。

 

(事業計画)

1.北大阪商工会議所事務局との効率的かつ効果的な事務局運営の遂行

2.名刺・名簿・新入会員追加名簿の作成

3.委員会配属および新入会員配属の実施

4.AT・会計セミナーの企画および実施
 
5.財務運営および対外公開資料等の管理業務
 
6.各事業の会計審査および監査
 
7.担当例会(納会例会)の企画および実施(3月)
 
8.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の推進および実施(3名)
 
9.枚方オクトーバーフェスト2021への参加